So-net無料ブログ作成

Switchは容量不足!? [ゲーム(ネトゲ以外)]

Switchのゲームはパッケージ販売のカートリッジ式のものか
本体内蔵または追加メモリーカードを増設した部分にインストールするDL版の2種ですが
ゲームを出すメーカーによってはカートリッジだけではゲーム容量が足りず
追加ダウンロード前提のゲームがあるようです。

カートリッジの容量が大きいものほどメーカーが任天堂に支払う額も大きくなるので
なるべく安いカートリッジを使い足りない分はユーザーにメモリーカードを買ってもらい
そこに追加データとしてDLする形式のほうがメーカーの利益が増えるという訳です。

確かにメーカーはコストを安く済ませる事ができるでしょうがユーザー側は困ります。
DL版じゃなくカートリッジ版を買ったのにカートリッジだけではダメで
追加でメモリーカードを買う必要が出てきて更なる出費がかさむ訳ですからね。

Switchの本体メモリは32GBしかない上にシステム領域やセーブデータに
容量を食われるとまだDQ10とブレスオブザワイルドしか入れてない私でも
本体残り容量は25.8GB128GBのメモリーカードも残り92.5GBとなっています。

セーブデータは将来的にはどこかに保管しておき必要な時に取り出せるようにする事を
任天堂は検討しているようですがまだ検討の段階なので実装が決まった訳でもありません。
なので本体保存メモリーはセーブデータを保管するためだけの場所と考えた方が良いでしょう。

前にも何度か触れましたがやはりSwitchの本体内蔵メモリは少なすぎると思います。
原因は恐らく定価が3万円を超えると購入しずらくなるからという任天堂側の都合でしょう。
本来備えておかねばならない機能や周辺機器を省いてその不足分を更なる出費として
ユーザーに負担させるのはこのSwitch限りで終わりにして頂きたいものです。

個人的意見ではありますがPS4より性能が低いのに必要な物を揃えたら
上位機種のPS4Proを買ってもまだお釣りが来る金額になるというのは
物を売るメーカーとしての良心に欠ける恥ずべき行為だと思います。


2017-11-06 01:18  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]