So-net無料ブログ作成

任天堂と競合他社 [ゲーム(ネトゲ以外)]

アメリカの任天堂社長であるレジー氏の発言が波紋を呼んでいます。
訳し方にもよるかもしれませんが競合他社は処理能力とグラフィックの美しさが全てで
任天堂は楽しさを追求しているという旨の内容です。

最新機種で見ると例えばPS4とスイッチではPS4の方が先に発売されているのに
後から出たスイッチは性能的に劣っています。

任天堂は昔から競合他社とスペック競争はしないと言ってる会社なので
そのこと自体は社の方針という事で特に問題がある訳ではありませんが
競合他社の悪口とも取れる発言はどうかと思います。

「うちは競合他社と比べて処理能力やグラフィック性能では劣りますが
その分楽しさを追求していきます」なら印象は全然違ったでしょう。

スイッチ自体もジョイコンの接続切れ Wi-Fiの接続不安定 熱による変形など
色々と問題のあるハードなのだからレジー氏の発言を聞いた競合他社から
まともなハードを作れない任天堂の負け惜しみと言い返されるかもしれません。

遊ぶ側としては処理能力もグラフィックも良いハードに面白いアイデアが加われば
任天堂以上に満足度の高いゲームが作れるだろうし
任天堂の面白いゲームがよりサクサク動くグラフィックの美しいゲームになれば
より一層ユーザーからの支持が集まると思います。

競合他社の悪口を言う暇があるならば任天堂のハードで売れるのは
任天堂のゲームだけと言われている現状を打破する方向に努力をして
多くのメーカーやユーザーが集まるようにしてその結果によって
競合他社のハードより支持されていると証明するべきだと思います。


2017-06-19 12:08  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]