So-net無料ブログ作成

隔離入院中 [日記]

15日の深夜に高熱となり本格的にインフルエンザを発症し
2日経った現在、ようやく熱も平熱程度まで下がり危機的な状況を脱しました。

その後の話でどうやら今回の入院患者へのインフルエンザ感染源は
1階にあるリハビリ室である事がほぼ確定したようです。

それを聞いてやっぱりなと思うと共に今回のインフルエンザは事前に防ぐ事が不可能な事故などではなく
人為的ミスによるものであるという思いを強くしました。
その根拠として

①入院時にそこら中に貼ってあったインフルエンザ流行期のため面会制限中という張り紙

これは病院が今インフルエンザが流行中である事を知っていたという証拠となるでしょう。
見舞いに来る人がインフルエンザのウイルスを持ってるかもしれないので
患者にうつらないように面会を制限しますよという意味だと思うし間違ってないと思います

②入院患者に1階にある外来待合室付近にあるリハビリ室に行かせ
そこで20分間エアロバイクをするように指示した。

これはいけません、せっかく①で入院患者にインフルエンザをうつさないようにしているのに
入院患者の方をインフルエンザにかかった人がいるかもしれない外来待合室付近を通らせたり
外来患者も多数いるリハビリ室で運動をさせたら感染リスクが高くなるのは素人でもわかります。

おまけにエアロバイクを20分もやればゼーゼーハーハーと口呼吸になるのは必至です。
鼻呼吸に比べて口呼吸の方がより感染しやすくなるのは医者なら百も承知のはずです。

以上の事からこれは事前に対策して防ぐ事が難しかった事故などではなく
病院の危機管理体制のずさんさから起こるべくして起こった院内感染だと私は考えます。

今私は他の患者さんにインフルエンザをうつさないために私より先にインフルエンザに感染した
元々同室だった人と同じ部屋で隔離中です。

ただでさえ不自由な入院生活に輪をかけて不自由になった私の入院生活ですが
腹立たしいのは病院側が私をこんな目に遭わせておいて未だに謝罪の言葉もない事です。

院内感染という 病院を信頼して入院してきた患者に対する裏切り行為をしておいて
患者に謝罪もできない病院に対して大きく信頼を損ねたのは間違いないです。


2017-02-17 19:10  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]